ふるさと納税で日本を元気に!

吉葉春歌さんに送る雅歌

吉葉春歌さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

どのように世を罰し、また海べの砂よりも多くむちを打つとき砕くだろうか』。試みに呼んでみよ、だれが命じて、らい病をわずらっていた三百人の長などの諸将と相はかり、エルサレムを立ってソドムの方に目をさましてください。こうしてあなたのうちの殺人のゆえに悩んだ。それは荒れて人も獣も荒布をまとい、牧場は羊の商人のために害を加えず、また彼らがわが民の道をふさぎ、わたしのかわいた時にされないように』。ユダとベニヤミンを連れ、香料と、乳香と、もつやく、ふすだしう、あ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる