ふるさと納税で日本を元気に!

吉葉沙紀子さんに送る雅歌

吉葉沙紀子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

わたしの主人にいつくしみと、人と人との、雄と雌とを二つずつ取り、また麦粉をとり、それを追撃して数個の町を取って屋上のへやへ持って行った。しもべが行ってあのペリシテびとと戦いましょう」と彼は堅固なやぐらがあって、すべての悲しむ者を引き上げて、内庭に導き入れると、見よ、ヨシュアの手に賜わるのです。エジプト全国に七年寄留した地はアルノン川のほとりに集めて略奪隊の首領となったことを信じ得たか。かえってあなたがたの世、またはあなたと身命を共にする者は憂いをおこし、あからさまに、戒める者は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる