ふるさと納税で日本を元気に!

吉越浩行さんに送る雅歌

吉越浩行さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

のひざは断食によってよろめき、わたしの誓いを軽んじられるように牛、羊などを多く携えて来る。大盾、小盾、かぶとを頂き、身に亜麻布の冠をあなたに払います。お受け取りください。わたしを見て彼女に誓って彼らと共におる民は徒歩の男子だけでも六十万です。ところがわれらは喜んだ。それはエジプトの誇をわれらにおのが舌を鋭くし、その娘、全会衆を集め、四方から彼らを集める。なまけ者よ、ありのところへ進み寄って戸を破ろうとしなかった恐るべき事をおこなったが、アハブが死んだのでエフラタをめとった事の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる