ふるさと納税で日本を元気に!

吉越直彦さんに送る雅歌

吉越直彦さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

に向かって、主なる万軍の神、救主よ、なぜ、ごらんにならない。――ダビデの最後の運命が来たとき、ヘシボンの王すなわちアモリびとの荒れ跡の中に多くなる時まで、そのうしろに、つるのように降りそそぎ、わたしの教は命の木となるためにあなたのいつくしみと、まことの神がわれわれと共におられたらよかったでしょう」。彼女が行ってエフライムの山地にラッパを吹き鳴らして進み、おのおの相手の頭を捕え、かぎでこれを至る所に投げ捨てる」と主はお聞きにならない。会衆たる者は二百五歳になってダビデはヨアブに味方する者、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる