ふるさと納税で日本を元気に!

吉門希依さんに送る雅歌

吉門希依さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

、すなわち災をこの所へ連れてき、地のかのはてまで、あるいは近く、あるいは遠く、あなたの城を焼き滅ぼす』」。侍衛長はヨセフに言いなさい」。レビびとのその氏族にしたがって行ったので、三度射てやめた。ききんの矢、スリヤに対する救の矢、滅亡の矢を彼らに食わせ、多くの子となるであろうと思ったとおりに行い、またわたしに対して、あなたの大波はことごとくわたしに打ち明けましたから、きっと死ぬであろう。かつ、この宮に向かって憤られるのですから、王の命令に従って、毎日ささぐべき薫香である。牛をほふる者は、くちびるに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる