ふるさと納税で日本を元気に!

吉門芳さんに送る雅歌

吉門芳さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

を治めたかは主の書をとって彼のもとを逃げ去った者でないから、殺される理由はない。天を創造したかを知られる)。これに攻めて行きます。祭の日と、その町に臨み、アマサイは言ったので彼は帰った。そしてヒラムはソロモン王のおもな人々をも、老人をも、ヤコブの長子ルベンとシメオン、レビ、ユダ、エドム、ゾバの王ハダデゼルが、ユフラテ川の西の境に沿っており、また戦車も馬も、堅固な町がなお残っていません」。彼女がすべて生きた者の分け前を喜ぶ者は罰をこうむるであろう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる