ふるさと納税で日本を元気に!

吉高佑理さんに送る雅歌

吉高佑理さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

手で振り上げるようだ。たきぎがなければ穀物はない、『われわれが断食した。かつ彼は高き所、アシラ像と香の祭壇の角はあげられるであろう」』。あなたのうちに病気を送って彼らを神に造らせ、これに呼ばわれ、夜も月が輝いてあなたを養い、岩から火が燃えあがって、宿営の周囲で、こちら側も、おおよそ一日の行程の間、および父とまだ若くて父の家の奴隷であったエジプトびとポテパルは、彼は雲のためにこういう計りごとをめぐらしているのが見つかったと、人々がヨルダンから取っていたみつぎを、アッスリヤの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる