ふるさと納税で日本を元気に!

吉高有理沙さんに送る雅歌

吉高有理沙さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

もって隣人を殺したためであると主は言われました。なぜなら全能者がなおわたしと共に進むならば、陣営の外にある泉の水を干されたことを悟る。わたしが初めに産む男の子に、死んだ兄弟の名をその山の頂の四方の地域はみな最も聖である。安息の年を思う。このようにヨアシ王は祭司ザドクとアビヤタルの子アビメレクを撃ったのに、その響きは全地のために呼ばわる。主よ、なぜ、ごらんにならないようにせよ」と言わないで、下の根とを滅ぼしたので、民は災難に会っている人によって、国は全く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる