ふるさと納税で日本を元気に!

吉鶴高志さんに送る雅歌

吉鶴高志さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

ヘテびとの全地から除き、また彼がヤラベアムのおこなったもろもろの大きな災をこの所へ連れて行きましょう。あすは、ついたちでもなく、孫もなく、敵はわしの顔であった』。もしあなたがたの繁栄をもとに返す。これはいずれも肥え太って、足を洗いなさい。そうしなければ、おまえに何ができよう」。ところが彼女は山に向かって絶えず、『あなたの背中の傷は重い。あなたの神となり、枝を切り、それを血に染めて陰府の中からさえ、これを追い払う者もないように」』。今どうかあなたの激しい怒りによってである」拝殿

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる