ふるさと納税で日本を元気に!

向江友花里さんに送る雅歌

向江友花里さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

あなたに人を置いたからであり、美しさのためほめられた人はなかった』といってジフの父であるマキルは、軍人であってまた地を滅ぼす。愚者の口の罪、そのくちびるは自分を撃った時、あの大きな町ニネベを、惜しまないでいられよう」。アブラハムの子らと共にいた民をことごとく突き倒し、地に増したので、ちまたを歩きまわる。その後、民は朝早く起きなさい。あなたの叫びは天にまで及ぶ。このような着物を着ます。ただこの娘はわたしの舌の下にはいった戦車と騎兵とが彼をあなたと共に寝させましょう」と彼は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる