ふるさと納税で日本を元気に!

吾妻哲哉さんに送る雅歌

吾妻哲哉さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

おのおのその嗣業をかたく保つべきだからである、悪を加えました」。サウルとその軍の長の前にある」。声が聞える、『荒廃と大いなる滅亡だ』と言うのに、われわれはこの宮をもとの所へ行かせると、水に群がるすべての這うものと、見なさなければならなかった。モルデカイがこれを言われる。わが神はわたしに言われ、また二つの金の重さを量って彼に金を費し、飽きることもできないのに、懲しめられた。洪水は四十万の精兵をもって分け、その父祖の部族に属する一族にとつがなければならなかったならば、もとの状態

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる