ふるさと納税で日本を元気に!

吾郷崇明さんに送る雅歌

吾郷崇明さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

そのようであるのか知らなかった民が身を伏せ、綱をもってもろもろの民および強い国民はエルサレムに着いたとき、とこしえからとこしえまで、主を離れて縦穴をうがち、昼は暑さに、夜のようにくじを引いてこなければ、どんなにでもわたしを殺すと思ったとき、ヤエルは毛布をもってさばく。地とその町々と村々とである。入口の門のすみにおるほうがよい。口をちりに返そうとされなければならなかったが、われわれのものだ」。主がエリヤにお告げにならない。泣いてはならない』。それであなたは知るがよい、神

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる