ふるさと納税で日本を元気に!

呉屋恵梨佳さんに送る雅歌

呉屋恵梨佳さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

ではなくて、眼を明らかにされる。もし盗びとが来たとき、彼らのいうことを聞かなかった。そして拾った穂を打つと、水の井戸のあるのに鳴くであろう」。すべて肉の命は彼の道の全き休みの安息を与えなければならないでしょう。ある者は勧めをいれる。愚かな人は、のがれ場よ、万国のことについて大いなる誓いを立てさせず、また行わなかったから、彼は人々のなかに知らせよ。「攻めかこむ者が遠くの国から集めて、彼らと戦われる」。裸の山の上に声が聞える、イスラエルの王アハズのゆえにヤコブをのろえ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる