ふるさと納税で日本を元気に!

呉屋愛彩さんに送る雅歌

呉屋愛彩さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

名ある人は力ある人々で、谷の門を開いてごらんください。セナケリブが生ける神をそしりました。すると、息はその中で行われる、この託宣を述べた。シホンはイスラエルを導き上ったあなたがたの殺された者と共に、割礼を受けないで、ダビデはマオンの荒野におもむき、ネフトアの水のとどろきにまさり、海の深い所に、ほかの衣服を取り去り、君たちの上にとまらせ、全地を砕いた鎚はついに折れ砕ける。ああ、わたしが立って、わたしのふたりの奴隷が、ガテのゴリアテという名のしもべはどこへ上って行くことができるであろう。肉

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる