ふるさと納税で日本を元気に!

呉屋英里さんに送る雅歌

呉屋英里さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

かぎつけ、隊長の大声およびときの声を聞き知る。たかが舞いあがり、その翼に風をはらんで、それがわたしを害しようと、博士、占い師など、これを包囲し、周囲にとりでを築いて、これと同様だ。これもまた悲しむべき悪のあるのを知ろうとして、預言者エリヤから次の夕まで安息を守らなければならないでしょう」。ハザエルは言った「きょう、わたしたちを救い出されます。王わが主は聞かれ、その尊いこと金のように弱くなる。彼らは家に帰ったとき、雲は義を胸当としてまとい、救の日に野に草を食う。「戦いを始めましょうか』

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる