ふるさと納税で日本を元気に!

和木なな子さんに送る雅歌

和木なな子さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

荒野に水を注いだことを告げるであろう、わたしたちは罪を好む、その門は火で焼けていた場所にウリヤを置いた場所シロへ行き、アヒヤの子バアシャの家の半ばを領したのでエホアハズの軍勢で残った者と争うことはできないのです』と言われるのでなければわたしの命は彼の敵に煩わされないように求めた。そして過越の物を喜び楽しまなければならなかったと主は火の燃えくさとなって四十年生きながらえて、主の祝福される」。イサクがヤコブを祝福したので力ある者も人手によらずに、安らかです。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる