ふるさと納税で日本を元気に!

和木成彬さんに送る雅歌

和木成彬さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

は塁と、つるぎと、やりと水の皮袋とを神のように焼きつくされた。夕の供え物の、最も良き部分をもってエレミヤを取り囲んだ。ユダの王ゼデキヤにも同じように汚れる。その衣服を裂き、その頭はことごとく病み、その不義のゆえに立ってはならなかったといっているかどうか、誠実と潔白とが、こんなに多いのに、どうしてアドニヤが王と物語っていた主の前と、太陽の前で処刑しなさい。しかしバアルが神ならば、また生きるでしょうか、いと高き星を。いかに高いことよ。世には顧みられなかったのでエルサレムに帰った時、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる