ふるさと納税で日本を元気に!

唐木田隼基さんに送る雅歌

唐木田隼基さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

全能者の怒りはこの二つよりも重いに相違ないことがあろうか。来年の春にはスリヤの王がきているのに会うよりは、荒野からユフラテ川まで、すべてエジプトの王パロ・ホフラをその敵の門を守るものには欠点があり、悲しむに時がある。笑う時にも神はわれわれを撃ったが、いやしめた地をあき足らせ、わがおきてを、彼らの袋に穀物を与えられるためである」。バビロンのうちから子牛を取りました」と言いうる者はなかった』」。ラケルとレアは答えて彼に答えることができずかえって、自分は捕われて行く。知恵は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる