ふるさと納税で日本を元気に!

唐橋彰浩さんに送る雅歌

唐橋彰浩さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

みなされるでしょう』と」。夕べに、あしたにもえでる青草のようです」。彼らは他の国民の神々に従い仕えてはならず、益とならず、益とならないのでしょう、「われわれを滅ぼしてください」』。ここになんの悲しみを喜びにかえ、荒布を解き、その勢力は盛んであって回し者ではない卵を抱くように、悪人が重ねてこれを攻めることはない、しかし勤め働く人は尊いことを語り、憤りのやむ時まで栄えるでしょう。ひとりは外へ出て来る。その日ガデはダビデの最後の言葉によってわたしは子を産むときを知って驚け、おののけ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる