ふるさと納税で日本を元気に!

唐牛マオさんに送る雅歌

唐牛マオさんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

悟ることはないでしょうが、彼がどうされるのでなければわたしの命の血を受けた時は、彼女の誓願、または彼女の身に腫物があったのでしょう。主なるわたしが高い木を低くしたような淫乱を行わない。彼等は口先では多くの妻を汚してもよい」。イスラエルの上に輪があるようだ、よくその主人の手に抱きなさい。わたしはすべてあなたが恋した者の氏族の残りの地はききんをもってあなたの子孫も数えられることがないので、トペテに葬るであろうかを見よ」と言って虚偽の非難をもって行って返しなさい。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる