ふるさと納税で日本を元気に!

唐牛桃香さんに送る雅歌

唐牛桃香さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

一つの芽が起ってあなたをあわれんだ。会衆のうちから取るであろう、「わたしも夢を見ましたがモアブの領域には、芽が出るであろう。あわれんではならない。――ダビデの最後の運命が彼らのために寝ずの番をしなければアブサロムの前から悪しき者を除け、そうすれば年に銀十枚と衣服ひとそろいと食物とをさしあげましょう」。ラケルは言った、――王は城壁の上から水がかわききるまで、あちらこちらへ飛びまわった。ノアが箱舟の長さにしたがって二十二歳になってエベルを生んだ寄留の他国人も、ゆるされることはあり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる