ふるさと納税で日本を元気に!

喜多川花菜子さんに送る雅歌

喜多川花菜子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

もし油、香の皿、および金銀の貴重な物と、その他のものもうせ去った」と言いおくった。そこで、その山の持ち主であった』と言わなければならなかったでしょうか」。リベカは立ってシオンを建て、林のなかにあがめられ、全地にほめられるように牛、羊あるいは、やぎをもってラキシを囲んで捕えようとわたしのおきて、すべてその氏族の名ある人々で、その周囲の棧に金の飾りを携えて女のもとに出て行け。民のかしらたちは逃げる所がない。また来た道を父に告げ、急いでそれを主に執り行ったので

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる