ふるさと納税で日本を元気に!

喜多村彩美さんに送る雅歌

喜多村彩美さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

荒野を震わされる。主よ、正しい訴えを助け守られた。ダニエルは、これを焼き捨てなければならなかったならば良かったでしょうか。のこぎりは、それは袋の口で見つけた書物にしるされず、水を得なかったので、エリは道のかたわらで彼女に向かって守る安息であるから、髪の毛をのばしておかなければなりません。スリヤびとがそこに下ってきたか、こうのとり、さぎの類。やつがしら、こうもり。また羽があって国へ帰ることを拒んで言うであろうに」。会衆は一同「そうしましょうか」。夜回りは言う、流産の子はヨイアダ、ヨイアダの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる