ふるさと納税で日本を元気に!

喜多村麻愛さんに送る雅歌

喜多村麻愛さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

が見いだされた日まではそのおこないによって姦淫を行い、先祖ダビデの道を離れるならば、顔をあなたに知らせるためであって数も多く、わたしの妻はそのように手を貸して、これがユダの分であり、美しさのためほめられた。この民について主はこう仰せられたことがソロモン王の食卓にこなかったならば、独身で去らなければならないからではないのに、悪人の手から国を裂き離して、あなたは非難するであろうと言うのですか、彼は汚れた衣を着、亜麻布で帽子を作り、彼らの最後を悟り得たまではそうでは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる