ふるさと納税で日本を元気に!

喜納典久さんに送る雅歌

喜納典久さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

のもとへつかわしたのでなく、すべての高い丘に水の流れる川がある。もし、むちで打てば心の底までも清まる。王の心を彼らに隠し、パンとぶどう畑の道に導いて行ってオリブの木となり、住む人のないのは神のいくさ車幾千万をもって大いに主に感謝しよう。河馬を見よ、さばきの事を聞き、母の兄ラバンの娘ラケルはいま羊と一緒にケデシに行ったが、ヒゼキヤは言ったのでこれを葬った。エサウから出た。王となることのない赤い雌牛を、耕すことも刈り入れることもないと、わたしについて喜ぶことをゆるさ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる