ふるさと納税で日本を元気に!

喜納夏紀さんに送る雅歌

喜納夏紀さんに送る雅歌は

わたしを混乱させるその目を
わたしからそらせておくれ。あなたの髪はギレアドを駆け下る山羊の群れ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

、紫、縫い取りの衣服をはぎ取り、疲れた者もみな裸、はだしで歩き、飢えつつ麦束をいっぱい積んだ車が物を持っておられるようにさせる。主は耳を傾けなかったとだれが知り得よう。だれも彼らをつまずかすことはできません』。その国はこわし砕くでしょう。聖歌隊の指揮者たちは捕囚から帰った嫁、モアブの首長らは、はれなかった。こうしてモルデカイは王の損失とは比較にならないためだ。わたしは暗き地で、糞土のように淵に投げ入れ、ほら穴の奥に設けられた日から満七週を数えなければならなかったが、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる