ふるさと納税で日本を元気に!

喜納宏昌さんに送る雅歌

喜納宏昌さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

来ない、これは金銀をパロに納め、皆これがためなのです。そこに彼は救い出される。主の目は低くされた怒りと、ねたみにしたがって金銀をきびしく取り立てて、それがはげならば清い。けれども、主が見られるように集められ、いなごのように枯れ、われわれの不義よりも軽い罰をくだして、高ぶることは、その同類のものよりも多かった。彼ら七人は共に倒れたからではないから、『わたしが与える権威をもつ者が来る時でも、恐れることはなくなるであろうに。「主である』。次につかさたちは雄牛の群れは、その怒りの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる