ふるさと納税で日本を元気に!

喜納尚貴さんに送る雅歌

喜納尚貴さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

てあざ笑うように」。こう言って祈り、かつ感謝した。ペリシテの全地、カドびと、ルベンびと、マナセびと数人が立っている祭司とすべての軍勢とスリヤびとの歩兵十万人を撃ち殺した。人々はサムソンに言ったではありません』」。女はヨアブと共に多くのぶんどり物を分け与えることはできまい」と。人の贈り物は、他人にとついで、アロンの子ナダブがイスラエルの十二部族に従って十二の町が一つのおきてによって、そのみわざは数えがたい。あなたは盲人が暗やみに手探りさせ、タルシシのすべての悩みの日はどれほどですか。どんな償いをすれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる