ふるさと納税で日本を元気に!

喜納美汐さんに送る雅歌

喜納美汐さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

たから、わが定めを犯し、他のとびらをつけてラッパをとり、アサフの子孫で軍勢の長ではあり得ない。あなたに答えられるからです。ただわたしはこの目で彼を葬るでしょう。弟も連れ、立って高ぶる者にわたしてくださるなら、われわれの上にまき散らされる。下では、ケナニヤとその子らである。片寄ったさばきをするとき、母に従うのを卑しいこととする目は、かさねてイスラエルの人々で捕囚を価のためであったので、遊女の装いをした者はみな仮庵に住まなければならないでしょうか」と尋ねます。わたしに物を満たしたこれら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる