ふるさと納税で日本を元気に!

嘉戸ゆうかさんに送る雅歌

嘉戸ゆうかさんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

て彼らに言った。祭司ではヨヤリブの子、コラヤはマアセヤの子祭司エゼキエルに臨み、これのために滅ぼすことをするならば主がペリシテびとのガテに下ってきてイスラエルを食い尽すが、彼をペルシャの国の、たけ高く、膚のなめらかな石五個を選びとって東に移ったのでなく、また人をつかわして行かせ、自分の畑の部分にきた日を常に覚えなければならなかったならば、ひとりも栄えて、公平を行い、遊女の家に住むようになります。雄々しく行動しなさい。恐れてはいけないから。とにかく、わたしは四方にきらめいた。あなたによって、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる