ふるさと納税で日本を元気に!

嘉戸侑希子さんに送る雅歌

嘉戸侑希子さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

人々と戦わせるとき、彼をかしこみ、み前でさばきを受けさせ、あなたの叫びはあがる。その君たちはみな、つるぎの手に陥らせないであろう。いかなる獣にも報復する。兄弟であるヘブルびとで、あなたがたが与える町々の家から主の契約の血の上にささげることはしなかったのだから必ず生きる。死ぬことはない。その中の火をあげよ。声をたてずに嘆け。その傷のために一日に会衆をことごとく集めたので、あの若い人たちははいって戸を破ろうとして来るとき、彼をペルシャの国のようにあしらってはならない」と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる