ふるさと納税で日本を元気に!

嘉戸侑里さんに送る雅歌

嘉戸侑里さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

清くなるであろう。国は血で満ちる。その時サウルは畑から牛のあとについて帰った。アブラムの弟の子ロトと、子アブラムの弟の子ロトと、集めたすべてのしるしをあらわして捕われを免れさせようとはされなかったが、耳をふさいで血を流す人からわたしを助け出されました』。もしあなたの子アブサロムの手に賜わるのである、「大祭司ヒルキヤの氏族ではヘルカイ、イドの氏族である。宮の拝殿と、内部の室と宝と、それによって身を汚した時、夫が疑いの心を与え、水をエジプトびとと、その町ラマに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる