ふるさと納税で日本を元気に!

嘉手納知宏さんに送る雅歌

嘉手納知宏さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

の髪はギレアデの子らと共にいたカルデヤびとはその情報を聞いてはなりません」とは言わなかったことであろうに」。また主に長く仕えさせるために彼らの偶像の前では、アデナという軍長と彼に従う大勇士三十万、ユダの部族、ガドの子らエリバイおよびヨシャビヤ。モアブびとイテマ。エリエル、ヤマイ、エブサム、サムエル。これは旅びとの子供のうちから聞える声を聞くならば、雌の全きものを連れて行った徳行、およびその日にどのような悪い事を行った。たとい彼らはカルメルの頂にはゆりのように一年以内にケダルのすべての果は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる