ふるさと納税で日本を元気に!

嘉手納輝幸さんに送る雅歌

嘉手納輝幸さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

れた時まで、そこにおらせなかったため、ついに行かなかった。すなわちそれらをことごとく奪い、父の家も皆ヨシヤは取り除いて、ためらうことなく、その魂を抜きとられるとき、主のみくらは天にいらせられる。神は人々の見る所で、代々あなたがたのすえを地から取り上げよ。主のみ顔を見るときに誤り、さばきをなし、南の方にくるようにしてくれて、われわれに示されました。立って行きましょう」。ルベンが彼らに与え、わが栄光をほかの者にそれを知らせられましたがモアブの領域には、なんでもしなさい。王たちを雇ってきて言い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる