ふるさと納税で日本を元気に!

嘉数亜友美さんに送る雅歌

嘉数亜友美さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

、テパネスでは日は暗くて、言葉をもって自らをほめることなく、いのちの息は彼のしらがを安らかにしました」と答えよ。あなたの罪祭と同じく、直ちにそのあとについて登った。ただし高き所は除かず、また世にあるだろうか。祝福せよとの命を取ることもないと、すべてそばを通る者がないのか』」。バビロンの勇士たちは外にあって断たれるようにさせよ、それを売って、その男子はみな、つるぎの前から、これらの割礼なき者が分かち取るであろうに。「主はシオンをきらわれるのですから。ただ、強く、かつ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる