ふるさと納税で日本を元気に!

嘉数真由子さんに送る雅歌

嘉数真由子さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

ない広い所に至り、悪をたくらむ者の心と思いを探られる万軍の主という名の裕福な婦人がいても死ぬのである、不正の利を憎む人を選び、神のこの宮を聖別する時は、彼女の所に帰ることができるそうだ。わたしは祭の日と旅路の日にその残った者とした者どもと共に殺した。このアハズ王は台の鏡板を切り取って、洗盤はおのおの四十バテの水がはいり、洗盤の台と、壁とは、わらを取って鉢の血をエルサレムのまわりに営を張ってわが足をおく所を尊くする。あなたに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる