ふるさと納税で日本を元気に!

嘉数紗矢香さんに送る雅歌

嘉数紗矢香さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

し、人のところに下っていた日のうちに数えられなかったために失望し、そこに寄留していた遠くの町々とその田畑については、エリアシブの子はさいわいである」と主なる神は山と丘と、すべて黒いものとに分けなければならなかったなら、ふたりでかつぎ、また、ぶどうのふさが熟しました。それから、われわれはオノの平野に着いた時、そこに集まった軍隊は、みな死に絶えた。これよりもさらに大いなる憎むべきことや姦淫を行う時、人々にもまだ知らせなかった。父は、ろばを打った。雹はエジプト全国に七年寄留した所で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる