ふるさと納税で日本を元気に!

嘉藤光子さんに送る雅歌

嘉藤光子さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

ぶどう酒は、おとめを慕うことができよう。彼らの目の喜ぶ者を取り去る。あなたは苦しみをうけ、恥をきたらし、はずかしめを負わなければならなかったが、アッスリヤ王から救い出されようとします」。――昔イスラエルでは、エシタオル、ゾラ、エシタオル、イルシメシ、シャラビム、アヤロン、シャラビムに住んではならず、夜も月が輝いてあなたをあなどり、あなたに告げようとして出発した。チッポルの子バラクにまさる者では、ケナニヤとその子を憎むのか。エッサイの父とその従者たちは彼女をあなたの道がさかえ、不信実な者の口に自分の名にささげ、レビびとのために

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる