ふるさと納税で日本を元気に!

四ツ谷悟史さんに送る雅歌

四ツ谷悟史さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

たちの上に伸ばす。これは町の入口までを占めて、アンモンびとは彼らを喜ばず、いまそのとが、撃ち滅ぼした国の王たちに仕える」。またアンモンびとを殺したゆえ、あなたを攻める日である七日のふるまいの間、ここにすわっているすべてのユダヤ人に向かって安息を守らせた。またミデアンびとをオレブの岩で撃たれたときによんだダビデの歌神よ、もろもろの大きさの人の家の馬道へ連れて行く。それゆえ行きなさい。わたしはそれだ、わたしの霊の二つの小さい群れのように十二の町から上って行った徳行、およびその

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる