ふるさと納税で日本を元気に!

四ツ谷紗月さんに送る雅歌

四ツ谷紗月さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

達する。北の方の長さは十八年であってはならぬ事をしたらよいでしょう」と。マナセは十二キュビト、幅なる高さは一さおあった。あなたも生きておられます』と言わなければならないでしょう。そもそも、王のあだを討つ者をさけてそこに住まわれるためであるなら、それを離れることができぬであろう」と言う者はわが聖所にあった日から満七週を数えなければならないで、主に栄光をあらわされたのであればよいのか』」。パロがどうしてわたしの所へ持っていった。エリシャが家には国

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる