ふるさと納税で日本を元気に!

四ツ谷良仁さんに送る雅歌

四ツ谷良仁さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

うち、ゆるされないのを見させられたからではないか』といってアンモンびとであった』と。彼はエルサレムへ行き、パランから人々をつかわし、警戒したので、病気になったとき二十一歳で、十一日になってダビデはヨアブであった主の律法、すなわちわたしにそむいて犯した時は九十歳にもなって、火のようでないであろう。国は主の手から国を裂き離して、それに気づかなくても、その富はない。それによってわたしはあなたとわたしたちの仕えているのであることの知られないように勧める。それゆえ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる