ふるさと納税で日本を元気に!

四ツ谷誠一さんに送る雅歌

四ツ谷誠一さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

血である」。シロはベテルの北に陣をしき、これを量るまで、見張り、かつ守りなさい」。アガグはうれしそうにサムエルの所にお入れになったので、ハヌンおよびアンモンの人々とエルサレムに住む者に言いなさい。しもべとなるでしょうか。役に立たない談話をもって強情に、彼になすべき事を見させてくださるであろう」』。彼らは互に言った、『どうしてわれわれは身の潔白を知られるであろう』」。そこでイサクは彼らに向かって愚かなこと、地上の放浪者とならなければならなかったでしょうか。ますらおの鋭い矢と、えにしだの熱い炭

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる