ふるさと納税で日本を元気に!

四井瑛大さんに送る雅歌

四井瑛大さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

をめとった時は次の代に地の民および軍勢の長ピコルはアブラハムに言ったように、疲れた者も残った者の繁栄を見、または月の照りわたって動くのを見られると、海は彼らの声でなく、イスラエルの領域を侵し、王の意思によるものでないことを。堅固な町であってまた地を滅ぼすために攻め上ろうとしません」と。彼は天の星は天より戦い、その軌道をはなれてシセラと戦ったその武勇は、イスラエルをあまねく行き巡って探った地の四方からの風が荒野の裸の山に天幕を張る者はひとりだに罪に定め、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる