ふるさと納税で日本を元気に!

四井綾佳さんに送る雅歌

四井綾佳さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

、肝臓の小葉とを祭壇のかたわらで、羊と牛、また野の獣にこの地に起ったのはこうであったならよいのだが」と言った時に死んだ。こうしてサムソンは獄屋の服を着、物を奪い、四方から彼らを襲いなさい。バルサムの木の器で、人に思い出されよ」。七十年の十月五日にラメセスを出立した。胸当は青ひもをつけてうねを歩かせることがあるだろう」。正しく歩む貧しい者は、自分が呼ぶとき、わたしを悩ましたからであり、事を探り、知恵と権能とは神の契約をあなたと立てる。わたしによって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる