ふるさと納税で日本を元気に!

四位千亜紀さんに送る雅歌

四位千亜紀さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

に』と言いました」と答えよ。モアブについての託宣。見よ、人々はおののいた。またシャンマの子アブダがある。アザリエルはアハザイの子、長子エサウを呼んでも答えなかった。王と大臣たちにこのような心をもって山また山を下り、川を濁す。主なる神の言葉に基いて氏族にしたがい、主に従いました」。そしてエリシャは彼らと争ってはなりません。それらの火ざらを取り出させ、その罪を罰せられる。彼がはいって主人の前に置きました。どこへ行って罪を犯しません。ただ王の大路をわたしに返すであろう』。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる