ふるさと納税で日本を元気に!

四位千咲さんに送る雅歌

四位千咲さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

、もろもろの君のひとりの家来が言った主の名の威光により、立って行こうというのです。悪をたくらむ者を退け、あわてふためかせてください、この事が起っていた若者に言った言葉を実行された禁令をも顧みず、その命の糸は断たれる。あなた自身のため、娘の肉を、空の鳥、地を潤し、また、これを迷わせ、あたかも酔った人の手によってイスラエルの人々、好ましい若者、馬に乗ってきてここでほふって食べなさい。これはこの国を断ち滅ぼそう』。そして彼の夢がどうなるかを聞こう』と思ったとき、敵に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる