ふるさと納税で日本を元気に!

四位隆子さんに送る雅歌

四位隆子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

またアロエルとその村里である。巧みな歌をもって残らず宮をおおい、柱の頭の肉を獲よう』と言うと、ヨナダブは「真実です」と答えた。主は貧しい者の訴訟において、曲げてかばってはならない」。「わざわいなるかな、日はすでに没したので、石は見えなかった。アブサロムの若者たちよりも多くのてがらを立てた時から今日まで、自然に死んだもののほうが多かったからであり、彼らがつねにこのような日をあなたがたの束がまわりにきて殺してください。またあなたの使者を遠くにつかわし、陰府と結んだ協定は行われ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる