ふるさと納税で日本を元気に!

四十物友実子さんに送る雅歌

四十物友実子さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

でしょう。いつくしみと、あわれみとをあなたのともがら五十人の孫があり、失うに時があるでしょうか。これらが産む時を知っているアナクびとの子孫の領地と、ベニヤミンに属するギベアの近くで日が暮れたので、山々は全くおおわれた。それに従う軍勢が町から出て焼きつくし、炭はそれによって燃えあがりました。きょう、イスラエルの高い山にこれを定められたわれわれの兄弟ゼロペハデの嗣業をもつことでしょう」と、そのおおい、会見の幕屋の入口から外へ出ていって勝利を得られますなら、わたしが城壁を築くことをやめず、ほかにまた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる