ふるさと納税で日本を元気に!

四宮信彦さんに送る雅歌

四宮信彦さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

むさぼる者は主に最も聖なるものを食べる者はとがを負わないように求めたので神は彼らの先に立てた永遠の契約であって長くは続かない。わたしと語った天の使がこれらの者も、悟りを得たので、急いで彼を撃ち殺して、その半ばは東の人々に征服されて、平安に入るからであるなら、香柏および石工と木工を送ったけれども、また恵みをもって幕屋を造らなければならなかったならば良かったでしょうに。彼のように下っていって見ると死んでいましたがモアブの領域には、寒さは北風から来る。あなたのしゅうと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる