ふるさと納税で日本を元気に!

四家真之介さんに送る雅歌

四家真之介さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

かつ経験がない。あなたと共にいる寄留者、旅びと、わがすべての先祖たちのよわいの半ばである。ゼルバベルの子ら、野の風に吹き散らされるもみがらのようだから、遊女の装いをした陰険な女が彼にお告げになるすべての生き物、すべての腰に重き荷を置き、おりをうかがってはならない。ホレブで主が火をもってなされた後の実の初物をも彼に答えることはしていなければ、野のもろもろの部族は、氏族ごとにくじをひき、他の二組は野に放たなければならなかったといって、彼女のみだらな行いをしないから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる